薬剤師として週休二日にこだわってみる方法

人員数の問題から

土日が休めるかどうかは、それだけの人数を確保できているかどうかも関与してくる部分です。ドラッグストアなどでは顕著に表れてきますが、人数が少ないようなところは、休みもうまくコントロールできません。逆に人数の確保がうまくいっていれば、土日休みは難しいことではなくなってくるでしょう。

この考え方で有効なのが、都市部で転職する方法です。薬剤師の数も多いため、土日休みと希望を出しても受理される可能性が高まります。ただし、それだけの薬剤師の絶対数がいるため、転職自体が難しくなるのも当然でしょう。

考え方を変えると、どうしても薬剤師が欲しいということで、条件を緩和したりするケースも見られます。都市部から離れていくことによって、どんどんと薬剤師の絶対数が不足しているのは間違いありません。土日休みでも確保したいところでは、かなりの優遇が図られていることも珍しくありません。

その分だけ生活環境などが変わってしまう恐れがありますので、自分にあった案件になるかどうかを検討していかなければいけません。ライフスタイルを守りながら、地方の生活に問題がないというのであれば、かなり魅力的な案件が多数眠っています。それほど地方では絶対数が足りていないからです。